付属品を廃棄しない

保証書や箱などを一緒に査定してもらおう

もう使わなくなった靴やバッグ、財布などのブランド品を買取店で売却した経験がある人は多いのではないでしょうか。高額買取のためには、必ずブランド品とともに付属品を持っていくことが大事です。そもそも付属品とは、保証書や本体が入っていた箱、カバーなど購入時に一緒に付いていたもののことです。昨今、人気を集めているブランドのコピー商品が大量に流出しています。年々、コピー商品の精度が上がっているため、プロの鑑定士でも本物の商品と識別できないケースも少なくありません。したがって、買取店を利用する際に付属品も一緒に提示すれば、正規品であることを証明することが可能です。信頼性が高まることから、高額買取に繋がるというわけです。

おまけのアイテムが予想外の高値で売れます

ブランド買取店でバッグやアクセサリーなどを高額で買い取ってもらうには、保証書やレシートなどの付属品を提出することが大事です。付属品の中でも特にバッグと一緒についてくる期間限定のキーホルダー、ステッカーなどのおまけのアイテムが予想外の高値で売れます。購入した当初、おまけは不要だからと言ってぞんざいに扱ってしまう人は少なくありません。ただ時間が経過すると、ただのおまけがなかなか入手できないレアなアイテムになる可能性もあります。買取店を利用する際、ブランド品よりもおまけのアイテムの方が高値で買取されるケースもあるのです。したがって、ブランド品に付いていたものは何でもきちんと取っておくようにしましょう。